BIRD SONG JOURNAL / ON MY MIND

2019.2.13

奄美を離れて一ヶ月か過ぎた。

いま暮らしているこの街は静かで、冬なのによく晴れていて、
きちんと、日本の四季をなぞるように梅の花も咲き出して、
ヒカンザクラの代りに見惚れては、微かな香りを深く深く吸い込んだ。

椿の木には鳥が歌い、枯れ木の間は冬の風が鳴いている。
ヒュー、 ヒューゥ。

仕事へ向かう道で、水色の空に浮かぶ三日月を見た。
帰り道では、きらきらと瞬くオリオンを見た。

今日はやけに明るいと天を見上げたら、そうだ、もう満月なのか。
と思った日もあった。

そんなことを思いながら暮らしていて、それは奄美での日常と何一つ変わらないことに気がついた。

旅で訪れた人々も、こんな風に自分の内にある「奄美」を時々浮かばせて暮らしているのだろう
と願いながら、奄美を恋しく思いつつ、もう少しだけ、この冬晴れの街を楽しもうと決めた。

帰ったら、じいばあとたんかん狩り。
これも、いま決めた。

ありがとう、冬晴れの街。

m